• 資料請求はこちら
  • お申込み方法
  • 体験動画配信中
  • TAC NET NEWS
  • 資格を活かして就職・転職

私の英語・履歴書

藤田 くる美(ふじた・くるみ) 先生

略歴

広島出身。大学卒業後に医薬品総合商社で3年勤務した後、イギリスに留学、そしてトルコの旅行会社で就職。帰国後上京し、旅行会社、外資企業での秘書、外資マーケット・リサーチ会社に勤務後、妊娠を機に専業主婦として子育てに専念。
数年前から社会に復帰し、現在TACのTOEIC® L&R TEST対策講座を担当。
趣味は読書、ウォーキング、ヨガなど。夫と息子の3人暮らし。

 

大学生のときからずっと、どうすれば結婚後、子供を育てながら専門性のある仕事を続けられるか模索していたら、いろいろな回り道をしてしまいましたが、やっと、家庭と仕事を両立できる講師というお仕事に出会うことができました。

講師の仕事は、常に自分も勉強をしなければならないし、準備も大変で、意外と地味な仕事です。しかし、生徒さんから「○点上がりました。」とご報告をいただくと、とてもうれしいです。ご報告をいただき、生徒さんと一緒に喜び合うといううれしい瞬間があるから講師の仕事はやめられません!

広島からイギリスへ旅立つ!

私は広島生まれで、広島育ち、広島で就職も決まっていました。広島で一生過ごすつもりでした。しかし、大学時代にカリフォルニアの語学学校に留学をしたことを機に考えが変わりました。その留学の経験が忘れられなくて広島で3年間お勤めした後、イギリスへの留学を決行しました。語学を学ぶためサウサンプトンの英語学校に入学し、半年後、ボーンマスにあるザ・ホスピタリティ・キャリアカレッジでツーリズムを学びました。学校が手配してくれる旅行会社で職場体験を終えてイギリスで就職活動にもチャレンジしました。必ず何かキャリアを積んで帰りたいと思っていたのですが、就職難のイギリスでは日本人の入り込む余地はとてもありませんでした。

失意の帰国が一変!

日本に帰国する前、クラスメートのトルコ人の方の故郷に招かれて遊びに行くことになりました。暫く滞在させていただいている間に「旅行会社に就職希望の日本人がいる」という噂がご近所に広まり、トルコの旅行会社に就職のクチが見つかったんです。2年間トルコの地で暮らしました。旅で行くトルコはエキゾチックで素敵なところですが、実際現地での生活は本当にたいへん、生きるのに精一杯でした。
最初は言葉も通じず、文化も違い、トラブル続きでしたが、日本企業向けのツアーを作って売ったり、日本人ツアー客に関するものを英訳したり、旅行業務のキャリア、そしてプラスアルファの力を得たような気がします。

激務を乗り越えてビジネス英語の基礎を得る!

帰国してからは、日本の旅行会社に就職しましたが、ずっと旅行業界で働くかどうかは決めていませんでした。自分の経験と語学を武器にして、自分の人生を自分の力で動かしていきたいと漠然と思っていました。
旅行会社で働きながら、仕事の後に学校に通い、新たに秘書の資格をとって、今度は外資系企業でセクレタリーの仕事に就きました。そこでは胃潰瘍になるほどの激務でしたが、おかげ様でビジネス英語の基礎を築くことができました。その後外資マーケット・リサーチ会社に転職。外資系企業では、英語が話せることは普通で、マーケット・リサーチの知識、営業力、人脈を作り、それを活かす能力などいろいろなものが求められます。一生懸命働いても働いても、なかなか自分の思うような理想像に近づくことはできなくて、もがきました。しかし、今振り返ると、とても貴重な経験を積ませていただいたと思います。

講師という仕事

出産を機に、少しの間は育児に専念しましたが、もちろん仕事は続けていきたいと思っておりましたので、日本語講師の資格を取得して日本語講師のパートタイマーとして、仕事を再開しました。自分の持っている知識をどうやって伝えるか、講師としての生徒さんとのコミュニケーション能力も鍛えられ、英語を教えるときにも大変役にたっています。

外資系の会社でセクレタリーをしている頃、自分に自信をつけるために、トーストマスターズクラブという、英語でのプレゼン力を学ぶ国際クラブで学んでいたことがありました。

当時、私のスコアは800を越すくらいでしたが、周りの方のスコアの高さに驚き、その時スコアの大切さを実感しました。日本では、どんなに力強い英語力を持っていても、高いスコアがなければなかなか評価をしてもらえません。そして、今講師として、その後押しをさせていただくことに仕事のやりがいを感じています。私の講義では、時間を計って演習する場面を授業の中でなるべく多くとるように心がけています。一人で演習する3分と、教室で皆と演習する3分は質が違います。よい意味での競争力と集中力を引き出していきたいと思っています。

そして、担当となった講師のことを思い切って信じてみてください。受講生の方との信頼関係を築くことを大切にしながら、皆さんのスコアアップのお手伝いができたら幸いです。