• 資料請求はこちら
  • お申込み方法
  • 体験動画配信中
  • TAC NET NEWS
  • 資格を活かして就職・転職

私の英語・履歴書

原田美由紀(はらだ・みゆき)先生

略歴

大阪府出身。大学卒業後アメリカ・カリフォルニア州に留学。帰国後、企業にて翻訳、通訳、秘書業務に従事する。その後、大手英会話学校で英会話、英検、TOEIC® L&R TEST対策を担当。現在はTAC梅田校でのTOEIC® L&R TEST対策講座、関西圏の企業や大学でのTOEIC® L&R TEST対策講師を務める。
趣味は旅行、読書、博物館めぐり、ウォーキング

英語に興味を持つようになったきっかけ

英語は、学校で科目として習ったのがスタートでした。英語の勉強は嫌いではありませんでしたが、宿題をしたり、テストに備えて見直すという程度でした。もっと英語力を上げたいと思ったのは、短期滞在のホームステイ先の家族とのコミュニケーションが楽しかった、という経験があったからでした。とは言うものの、最初はなんとなく聞き取れているような、相手も気を配って聞き取ってくれているような、というレベルでした。それでも、英語をテキスト上の勉強ではなく、考えや気持ちを伝え合うツールとして使うことが本当に楽しい、と感じたことを覚えています。再度渡米したときには大学の寮に入り、様々な国籍の学生達と知り合いになりました。日本のことを質問され上手く説明できなかったこともあり、英語力以前に自分の知識不足を痛感したこともありました。授業は、毎日が新しいことを知る喜びの連続でした。担当いただいた先生方は個性的で、中でも、必ずこまめに学生達の理解度を確認してくださり、細やかな指導をしてくださった先生がおられました。歌うような美しいリズムで英語を話される先生でした。先生からの語りかけが頻繁にあるので、学生達の発言も活発で、充実した授業でした。先生ご自身も教えることを楽しんでおられたようでした。その先生の存在が、教えるという仕事に心を引かれるようになったきっかけでした。

英語とどのようにかかわってきたか

帰国後は、企業で主にビジネス文書の翻訳を担当していました。製品の説明書やクライアントとの契約書など、専門用語が多い文書は特に苦労しました。まず日本語での理解が必要なので、担当の方に何度も質問し教えていただきました。とても貴重な経験をさせていただいたと思っています。

しばらく育児のため在宅の仕事に切り替え、翻訳や添削指導等を続けました。そして10年程経て、講師の仕事を始めることになりました。

講師という仕事について

どんな仕事でも人に何かを伝えるという行動がありますが、講師という仕事では、限られた時間内に、どれだけ効果的に受講生の皆様に講義内容を伝えることができるか、理解できたと思っていただけるかが大切です。講義の準備をしながら説明の方法や時間配分などをシュミレーションし、どうすれば受講生の皆様に「わかりやすい」と実感していただけるのかを常に考えています。英語に興味のある方もいれば、好きではないけれど必要に迫られてという方もおられます。できるだけ受講生の皆様それぞれのニーズやお気持ちにそって講義を進めていきたいと心がけています。受講生の皆様から「目標スコアを達成しました」というお知らせいただく時が、私にとってこの上なく嬉しい瞬間です。

TOEIC® L&R TEST 対策講座について

TAC梅田校のTOEIC® L&R TEST 対策講座は、1日にListening対策が1時間、Reading対策が1時間、合計2時間の構成です。どちらも、講義の最初にテキストに沿ってポイントを確認してから練習問題に取り組みます。TOEIC® L&R TESTはListeningが100問、Readingが100問、全部で200問と問題数が多く、特にReading Sectionでは効率よく解答していくことが求められます。また、2016年5月より形式が変わり、以前の形式に比べ多くの情報を把握し処理する力が問われるようになっています。より口語に近い表現が取り入れられていたり、チャットのやりとりも出題されていますので、日頃から英語の様々な表現に慣れておくことも必要です。講座ではそのための基礎力をつけ、解答のコツをお伝えします。そして演習を重ねて実践力を養っていきます。スコアアップのための講義ではありますが、「英語を聞くのが楽しくなった」「以前より英文が読めるようになった」という効果も感じていただけることを願っています。「そろそろTOEIC® L&R TESTを受けないと…」という方も、「英語をもう一度勉強してみよう」という方も、一歩踏み出してみませんか。一緒にがんばりましょう!