• 資料請求はこちら
  • お申込み方法
  • 体験動画配信中
  • TAC NET NEWS
  • 資格を活かして就職・転職

受講生の声

TACer INTERVIEW

小川 寿枝さん - 受講生インタビュー

735点取得!
受講コース:
600点・730点コースパック
(現650点コース、750点コース相当)受講
講座の受講前:
550点
(2012年5月受験)
講座の受講後:
735点
リスニング:400点、リーディング:335点(2014年1月受験)

学習しようと思われたきっかけを教えてください。

仕事で英語が必要という訳ではないのですが、英語の勉強をしておかないと今後困ることが出てくるだろうと思っていました。英語力がスコア表示されるTOEIC® L&R TESTであればモチベーションも維持されるだろうと思い、学習を開始しました。

TACで勉強しようと思われたきっかけを教えてください。

ずっと昔に学習を独学でやっていたことがありました。そのころは当時流行っていたテキストと模試本を購入し勉強していました。ただ、あまりいいスコアは取れませんでした。
最近になって先ほどお話したような理由でまた学習を始めた際に、TACが八重洲校で早朝クラスを行っていることがわかり受講を決めました。私は朝が最も活動しやすいため、この早朝クラスはぴったりでした。講義を受けてから仕事という順番で生活していると一日がとても充実していました。
また、受講料も魅力的でした。他の会社であれば、10万円~20万円程度かかります。それだけ出さなければならないのであれば独学を選んでいたと思いますが、TACのTOEIC® L&R TEST対策コースは受講料が数万円ですので、格安で学習できる点も受講するポイントになりました。  

苦手だったPartを教えてください。

Part5(短文穴埋め問題)、Part6(長文穴埋め問題)、Part7(読解問題)です。リーディングPart全般ですね。

リスニングの学習法

長時間机に向かって勉強しようとすると眠くなってしまいます。先生には、机に向かわずに英語を勉強する方法はないでしょうかとお聞きしたところ、音読がいいとアドバイスをいただきました。これは私にはとても合っていて、長時間勉強することができるようになりました。
具体的なやり方としましては、授業で使っている教材を声に出して読み、それをICレコーダーに録音します。録音したものを聞き返し、自分の発音をネイティブの発音に近づけるように繰り返し練習していきます。こうすることで英語がかなり聞き取れるようになりました。
また、声に出して読んだ際に意味のわからなかった部分などをチェックして、リスニング力をアップさせました。

リーディングの学習法

先生から講義で使用している問題集を1冊きっちりやりきれば800点は超えるとお聞きしましたので、これをこなすようにしました。
問題を解いて解答、解説を確認するだけでなく、精読することが重要だとアドバイスしていただきましたので、問題文すべてについて分からない単語や文構造、発音などを確認しながら読み進める習慣を身につけました。

TACで学習してよかった点を教えてください。

先ほどもお話しした通り、リーディングPartが苦手だったのですが、TACの講義では文法の復習もでき、さらに問題のタイプ別の効率的な解き方を教えてもらえた点が良かったです。
Part5(短文穴埋め問題)やPart6(長文穴埋め問題)の文法問題は、出題にパターンがあり、講義で習ったテクニックを使って問題を繰り返すうちに、Part5、6を簡単に解けるようになりました。他のPartも含めて素早く問題を解くためのテクニックは目からウロコで、何度も解くことで正解を導き出す手順が目に見えるようになり楽しくなりました。

テスト当日に注意したことがあれば教えてください。

一般的に言われていることですが、朝早く起きるようにしています。テスト前までリスニング音声を倍速で聞いています。こうすることでリスニング問題が始まっても、頭がすぐにリスニングに対応できます。
試験会場では自分の席を確認した後は、外に出ています。そして直前の時間までマイペースに過ごし、会場の雰囲気に飲まれないようにしています。
また、テスト後は、次の受験に繋がるように自分でPartごとに何ができなかったかなど振り返るようにしています。

TACに通って良かったと思われたことを教えてください。

私は、TACで素晴らしい先生方と出会ったことで、苦手意識のあった「英語の勉強」が楽しいものに変わり目標をクリアすることができました。
先生方の英語力だけではなく、その人間性にも心を動かされました。テクニックだけなら、他の学校でも学べたと思います。初歩的な質問にも、的確にわかりやすくお答えいただけました。その背景には本当に英語が好きで勉強を続けていらっしゃる姿も感じられます。
純粋に学ぶことを楽しまれている先生方の姿にわたしも刺激を受け、これからももっと英語を知ってみたいと思えるようになりました。