• 資料請求はこちら
  • お申込み方法
  • 体験動画配信中
  • 英語力レベルチェック テスト解説はコチラ
  • TAC NET NEWS
  • 資格を活かして就職・転職

受講生の声

TACer INTERVIEW

長坂 淳司さん - 受講生インタビュー

845点取得!
受講コース:
750点コース受講
講座の受講前:
725点
(Listening 405点、Reading 320点)2015年1月受験
講座の受講後:

845点
(Listening 450点、Reading 395点) 2015年4月受験845点

TACに通われる前の英語学習暦を教えてください。

今まで一般的な学校教育の中で英語を学んできました。ただし、大学や大学院での受験時代には英語は得意科目でしたので、基礎的な学力はあったのかもしれません。

学習されようと思われたきっかけは?

研究所で経理の仕事をしているため、これまで会計系の勉強ばかりしてきましたが、最近は国際学会への参加等でまわってくる英語の書類が急に増えてきまして、これからは英語を学習しなければと思い学習開始を決意しました。

独学ではなくスクールを利用されることをお選びになった理由を教えてください。

試験対策についてはたくさん書籍がありますので最初は独学で学習できると思いましたが、結局は買ってもいわゆる積ん読になってしまいました。また、通信教育にも手をだしてみたのですが、申込をした時点で安心して気が緩んでしまい学習が思うように進みませんでしたので、やはり通学しかないと自分自身を追い込もうと思いました。

TACをお選びいただいた理由は?

これまで様々な資格の学習をしてきましたが、必ず通学で学習するようにしていましたので、TOEIC® L&R TEST対策も教室講座に通学することにしました。TACに決めたのは、他校と比較してリーズナブルであったこと、また簿記1級もTACで受講して取得することができたのでTACを信頼していました。

Listeningの学習法

Part3と4は問題文を先読みして文脈を推測できるので苦手意識はありませんでしたが、Part2は一瞬で聞き取らなければならないので、プレッシャーがかかりました。笠原先生から通勤時間帯でのシャドーイング学習法を紹介していただき、通勤電車の中では英文のスクリプトを見ずに音だけ聞きながら音声と同じスピードで一緒に口をパクパクと動かしていました。今から考えるとちょっと怪しい人だったかもしれませんが、時間は限られていますので、電車の中では毎日シャドーイングを繰り返しました。毎日繰り返すということが、リスニングには効果的だったと感じています。Part2も最終的には瞬間的に聞き取れるようになり、点数も安定してきました。

Readingの学習法

どちらかというとリスニングよりリーデイングが苦手でした。特にPart5についてはTACで受講する前は英文を読んでしまい、必要以上に時間をかけていました。TACで回答テクニックとタイムマネジメントを教わった後は、選択肢とブランクの前後から判断し、英文を読まないで回答するという習慣がしっかりと身につきました。問題によっては5秒以内で回答できるものもありますから、Part5で時間を節約してPart6と7に時間をかけられるようになりました。

TACで学習してよかったところは?

TACの教室講座に通学することで、学習する習慣が身につき、良い流れを作ることができました。とにかく先生の指導どおりに学習をこなしていたら、あっという間に点数が上がってしまったという感じです。机に向かっての勉強は土曜日の授業の後に行い、平日は通勤電車の中で学習するだけで、着実に点数は伸びていきました。笠原先生の試験に対する知識には揺るぎないものがありますのでたいへん安心感がありました。また一緒に学習する仲間がいるということも大切だと思います。TACの教室クラスでは懇親会などもあって、良い刺激になり楽しかったです。

受験時のエピソードが何かあれば教えてください。

これも笠原先生からのアドバイスですが、受験当日はマークシート用の1.3の太さのシャープペンシルを買って持っていきました。この試験は時間との戦いですから、少しでも時間を節約できる方法があれば、絶対に取り入れるべきですね。もう一つ、試験2時間前からはコーヒーなど利尿作用のある飲み物はとらないようにしました。大切な試験時間内に、集中できなくなってしまったら元も子もありませんから。

これから学習をしようと思っている方へのコメントをお願いします。

この試験はビジネスシーンでの出題が多いので、840点を超えると現在の仕事で困ることはなくなりました。プライベート面では年末に家族で海外旅行に行った際、子供達に「お父さん、英語が話せてかっこいい!」と言われたことが何より嬉しかったです。今後は900点がとれるようになるまで頑張り、その後は実践的な英語を学んでいきたいです。学習しているときに通訳案内士の資格がスコア840点以上取得していると英語の筆記試験が免除になるということを知り、今は通訳案内士の資格取得を検討中です。2020年には東京オリンピックもありますし、海外からのお客様はますます増えますから、今後注目の資格になるでしょう。