• 資料請求はこちら
  • お申込み方法
  • 体験動画配信中
  • TAC NET NEWS
  • 資格を活かして就職・転職

受講生の声

五十嵐 英樹さん

655点取得!
受講コース:
600点コース
受講前:

2011年5月受験 475点 (Listening 255点、Reading 220点)

受講後:

2015年12月受験655点 (Listening 330点、Reading 325点)

学習されようと思われたきっかけは?

学生時代から英語は苦手でコンプレックスがあり、これを克服したく、また、今後社会生活を送る上での最低限の教養としても身につけたいと思って学習を開始しました。
最初はPART5、6 に関連する文法の知識がゼロに近く、品詞の区別ができない、他動詞/自動詞の違いもわからないという状態でした。

TACをお選びいただいた理由は?

15年以上前から情報処理、簿記、中小企業診断士の通信講座でTACにはお世話になっており、教えることについてのノウハウの蓄積は、TACのTOEIC® L&R TEST対策でも必ず発揮されているであろうという信頼感があったからです。

TACで学習してよかったところは?

600点レベルでは、解かずにとばす問題の見極めや、時間管理の大切さ、解答する上での情報処理的な能力の必要性がよくわかり、たいへん参考になりました。

目標スコア取得までの学習期間

途中、仕事・家庭の都合で1年半ほど学習を中断してしまいましたが、再開してからは約3か月で目標スコアに到達することができました。学習メディアとしてDVD通信講座を選びましたが、条件が許すのであれば教室講座のほうが学習のペースが乱れることが少なく、緊張感が保てて良かったのではないかと感じています。

学習方法

DVDの講義を会社帰りや週末にコーヒーショップなど集中できる環境で聴講し、テキストと公式問題集だけに取り組みました。他に何かをする時間はありませんでした。Listening, Readingの両方に言えることですが、解答の日本語訳を熟読すると記憶に残ってしまい、繰り返し学習の効果が低減するので、熱心に日本語訳せず、知らない単語や言い回しを調べることだけに留めました。また他の資格試験と異なり、英語は「言葉」なので日本語に触れない日がないのと同じように、毎日少しであっても学習の時間を設けて、「身につける」という意識を持つことが近道だと思います。

これから学習をしようと思っている方へのコメントをお願いします。

学習により英語への苦手意識が小さくなったことがとても良かったです。600点レベルでは文法、語彙といった英語の基礎的な知識と同じかそれ以上に、情報処理の能力の必要性や試験自体をよく知ることが重要だと感じますが、TACのテキストや講義にそれらの必要な材料はすべて揃っていました。私は途中、学習を長期間中断してしまいましたが、TACのメソッドを使えば、最小限の時間と費用でスコアアップの効果が得られるはずです。